SSブログ

牙狼 <GARO> 第22話 「刻印」 [特撮]

 カオルの首に現れた紋様は、究極のホラー「メシア」が召還される前触れらしい。暗黒の騎士がメシアと一つになると不老不死になるという。
 ここでバラゴが暗黒に堕ちた事が判明、暗黒の鎧により力を得たらしい。だが、大河が最後につけた「死の紋様」によりバラゴは死んだと思われていたが、しかし生きていた。

 カオルに荷物が届く、以前絵の修復をした幼稚園から父の描いた絵本だ。しかし、最後のページは描かれていない、そこに子供達が思い思いの絵を描いていた。しかし絵本に突然紅い記号が浮かび上がり、怯えるカオル。

 カオルが鋼牙に自分を殺してくれと頼む、これ以上鋼牙に迷惑はかけたくないと。それをいさめる鋼牙。そこに某映画の帝国皇帝に似た黒装束の男が現れる。かけつけた零と共に戦うが全く歯が立たない。
 ゴンザによるとそれがバラゴに間違いない、その時カオルが過去の記憶が甦る。子供の頃カオルはバラゴに出会い首に刻印を付けられていたのだ、適格者として。

 零と和解し、二人は東の番犬所に乗り込む。

 バラゴ強いですね。で、正体ってやはり、あの人?


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(3) 
共通テーマ:マンガ・アニメ(旧テーマ)

nice! 0

コメント 1

剣

イヤー今回は進展しすぎ!
でも、今回暗黒魔界騎士の正体がバラゴだってわかってよかった(´д’)
でもバラゴ強いから鋼牙と零負けちゃうかも・・・(汗)
それにしてもメシア召喚用のゲートになる人探すの大変そうですね・・・
僕だったら絶対メンドクサクテ探しません。

そしてどうやって二人がバラゴを倒すのかにワク×2です(^д^)
by 剣 (2006-03-15 15:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。